フォト
2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ワン友

ViViの過去の日誌

アルバム

  • Nico パピー時代
  • ViVi パピー時代
  • のんたん

ポチっと押してね❤

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

みんなのわんこ

http://www.pecope.com

« 花火ですよ~ | トップページ | ここ最近の出来事 »

2010年8月10日 (火)

愛媛県動物愛護センター

先週の日曜日 愛媛県動物愛護センターに下の娘と一緒に行って来ました。

ほんとは 8月2日に行われた『命のツアー』に参加したかったのですが

仕事の都合で 参加することが出来ず 個人でセンターの管理棟を

見学させてもらいました。

   

正直 センターに連れて来られた子達を見るのは辛く

最後までカメラを向ける事が出来ませんでした。。。

  

きっかけは 以前デイジーのブログBeBeさんのブログで紹介されていた

『犬たちをおくる日』という本でした。

  

                T02200391_0240042710638394461_2

この本の舞台は愛媛県動物愛護センターです。

ここに連れて来られる犬達や職員さん達の想い。

日々の努力が綴られています。

6月に虹の橋に渡った マスコット犬のメイちゃんの事も書いてありました。

  

センターに着いて職員さんに見学の申し込みをすると

管理棟の中を 色々説明しながら 案内してくれました。

  

管理棟に続く通路に 子犬たちが十数頭いました。

そこに居た子は 譲渡会に参加する子達でした。

譲渡会に参加出来る子犬は健康状態や人に対して友好的か等

色々な事をクリアした子達です。

譲渡会に参加出来なかった子は殺処分されてしまいます。

職員さんは 『月に数十頭の子犬たちがここへやって来ます。

でも 救える命は限られているんです。』と悲しそうに言ってました。。。

通路の先は管理棟です。管理棟の中に入ると 消毒液が置いてありました。

そこで 靴の裏を消毒してから中に入りました。

成犬房と書かれた部屋が6部屋ありました。

今 使われているのはそのうちの2つです。

以前はもっと多かったそうですが 今は段々減って来て

2つのみ使用しているそうです。

  

1つは火曜日と水曜日に連れて来られた子達。

もぉ1つは金曜日に連れて来られた子達が入っていました。

ほとんどの子が首輪を付けていました。

純血種のラブラドールもいました。老犬もいました。

もぉ何年も一緒に暮らしてきたであろうと思われる老犬。。。。

なんで何年も一緒に居て今更。。。という思いがしました。

残り少ない命なのになんで最後まで。。。

職員さんが何かを察したように言いました。

『犬が病気になったからと言って連れて来る方もおられるんですよ。。。』と。

ここに居る子たちは飼い主さんや新しい飼い主さんが見つからなかったら

1週間後には殺処分されるそうです。

一般譲渡(犬、猫共に)も行われているそうですがなかなか 

新しい飼い主さんが見つからないのが現状で 

今年から新しい取り組みで どういう犬が希望か等伺って

お知らせするような事もやって行くそうです。

  

そのあと制御室や焼却炉 ドリームボックスと呼ばれる部屋も見せてくれました。

猫たちはねこ室いう部屋にいました。

猫たちは犬とは別に1匹ずつ檻の中に入れられガスを送り込まれ

殺処分になるそうです。

この日も沢山の猫がいました。

ゲージの中に入れられた猫たちは鳴き声1つあげず

じっと私たちを見つめていました。。。

何かを見据えたような目で。。。

その視線に居た堪れなくなり その場を後にしました。

   

ここで殺処分された子達はどうなるのか?知っていますか?

骨になり砕かれ灰になって袋に詰められて最後は産業廃棄物として

処理されるそうです。。。

最後はゴミとして。。。

  

全ての見学を終えた後 職員さんは 『また いつでも来て下さい。』と

言っていました。

私たちは『はい。有難うございました。』とお礼を言い管理棟を後にしました。

その足で センターの敷地内にある 慰霊碑に手をあわせて帰りました。

    

職員さんが言った 『また いつでも来て下さい。』と言った言葉には

愛護センターと言う施設がどういう所で 犬や猫たちが最後はどういう道を

たどるのか 1人でも多くの人に伝えて下さい。という意味が込められて

いたんだろうと思います。

  

みなさんも機会があれば 見学に行ってみて下さい。

子供にも見せてあげて下さい。

そうすれば 弱いものを思いやる気持ちも芽生えイジメも

なくなると思います。

そして見たままを伝えて下さい。

ボランティアや里親になる事は出来なくても伝える事は出来ると思います。

私自信もボランティアや里親になるのは 難しいです。

でも 伝える事は出来ます。

一人でも多くの人に知ってもらえたら 1頭でも世の中からこういう子達を

減らす事に繋がると思います。

そして家族の一員となったからには 最後まで 責任を持って下さい。

最後のその日まで 愛情を注いで下さい。

   

長くなりましたが 読んでくれてありがとうございます。

今日はコメント欄を閉じさせてもらいます。

« 花火ですよ~ | トップページ | ここ最近の出来事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266322/36101063

この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛県動物愛護センター:

« 花火ですよ~ | トップページ | ここ最近の出来事 »